高校生が当施設での取り組みについてヒアリングに来ました

平成29年7月27日(木)、鶴見区内の学校に通う高校生2名が当施設での

①動物介在活動  ②コミュニケーションロボット「PALRO」の活用

の2つの取り組みについて、夏休みのレポート作成のため、ヒアリングに来所されました。

動物介在活動やコミュニケーションロボット「PALRO」の活用により、お客様の笑顔が増えたり、会話が弾むようになった効果などを説明させていただきました。コミュニケーションロボットについては、お客様だけでない「意外な」効果があったことも説明させていただきました。

高校生2名は予想以上の効果に驚いた様子でした。地元の学生の方に、当施設へ関心を持っていただけることは私たちにとって、励みになります。